独白ユートピア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独白ユートピア

読書、映画、アニメとかをゆる~く綴ってます。絵を描くのも好き。

~自称メンヘラホイホイの生態レポート~

     f:id:DOKUHAKU:20160623233015j:plain

 

私のまわりには自称メンヘラホイホイが何人かいるんですけど今日はその人達について書いてみたいと思います!

 

 

そもそも自称メンヘラホイホイってなんなの?

 

はじめるにあたり、自称メンヘラホイホイについてすごくわかりやすく考察されてる記事がありますのでそちらを参考にしながら書いていきたいと思います。

 

 papuriko.hatenablog.com

 

 

このぱぷりこさんの記事本当にすごいです!!

もう読んでて

 

「ああぁぁああーーーーめっちゃわかるーーー!!」

 

てなりました。痒いところに手が届いた感すごい。

 

今回記事で取り上げたいのはぱぷりこさんの自称メンヘラホイホイ男の分類で言うところの

 

自虐風自慢

 

です。

 

意味はこちら

 

1. 自虐風自慢

「メンヘラにモテちゃってる俺」を自慢する男性。多くの場合、「人の相談に乗ることが好き」「面倒見がいいから」という言葉とワンセットで語られます。「メンヘラほいほいなんだよね~」という時にアンニュイ嘆息しながらもうれしそうなので、簡単に見分けられます。

 http://papuriko.hatenablog.com/entry/2016/03/03/180000

 

わーーーーお!ファンタスティック!

彼らは一見良い人オーラを出してきますが、実際のところ相手の女の子のことなんかあんまり考えてません。女の子に求められてる自分を演出したいだけ。ほんとにコレ!

女の子の相談に乗って優しい自分に酔い、裏では頼られる俺を自慢しまくってます!

 

 

なんでそんなことがわかるのかって?それは私が、彼らの自慢やネタの集積所になってるからだよーーーーー!!(詳しくは後述)

 

 

ぱぷりこさんの記事ですごく感動したのが自称メンヘラホイホイがメンヘラ女子として接している女子についても書かれているところ!

 

以下引用!

 自称メンヘラほいほいの男性に話を聞くと、彼らが言う「メンヘラ」とはこんな感じ。

  • 「会いたい」と頻繁に言ってくる
  • 毎日LINEやメールで連絡を取ろうとする
  • その連絡のレスがない or 遅延すると怒られる
  • LINEやメールで深夜にポエミーな長文を送ってくる
  • あれして、これして、という要求がエスカレートする
  • 夜中に急に電話がかかってくる

ウキウキして話を聞いてみると「ん?それだけ?」とこちらが拍子抜けするものが多く、しょーじき「重い女」「めんどくさい女」「わがままな女」の域を出ない。

その彼女たちを「メンヘラ」と称して自慢の種とするのは、本当のメンヘラたるものをわかっておらず、単にキャッチーだから「メンヘラ」と言いたいからだと思われます。

 

 http://papuriko.hatenablog.com/entry/2016/03/03/180000

 

そうなんですよね。

なんか最近なんでもかんでも『メンヘラ』扱いされちゃってややこしいことになってますよね。

 

人間生きてりゃ何かの拍子で凹むことってあるじゃないですか。それで凹んでたらすぐメンヘラ認定してメンヘラというくくりにして片づけちゃう。「あの子はああいう子だから」「俺の彼女はいつもこれだから」って、相手の特性だから仕方ないということにしとくと楽だという側面もあるのではないかと思います。

 

 

話が逸れますが、こういう風にすぐメンヘラ~と言うようになると、気持が落ち込んだり、不安になることがすごく悪いことのように思えてきて余計しんどくなりますよね。で、自分を出せなくなっちゃって果ては本当に病気になったり。無理は禁物!弱いところは存分に出して行きましょうよ。

 

わたしの周りの自称メンヘラホイホイ

 

3人ほどいまして会うたび『自分メンヘラホイホイなんで~www』とか言います。

うるさい、知らんわww

 

私ふと外見上でもこの3人に共通点があることに気が付きました。

それは…

 

小太っている

 

ということです。これ何なんでしょうね。たまたまなのかな?

ただ、ぱぷりこさんの記事とこの小太りという事実合わせ考えてみるとこの3人

 

明らかにモテない。

 

 

全然モテない。数年彼女がいない。

そして、彼らを知る女性に話を聞くと、異性としての評判がすこぶる悪い!

 

ある種そんな彼らが女の子と繋がる術として駆使しているのがメンヘラホイホイ術ということでしょうか。彼らがホイホイの相手として狙う女子はやはり可愛い子が多いです。謎の攻め姿勢。

ホイホイのテクニックとしては

 

・女の子のラインや電話は深夜でも対応。てか夜更かし率が異常に高い。

・金に物を言わすATM

・女の子が欲しがっているものを貢ぐ(メンヘラ女子はゲーセンのプライズが好き)。

 

そんな苦労して彼らにどんなリターンがあるのか?これが私の周りの場合ほとんど何もありません。

ホイホイのあとに残るのは人間関係の燃えカスみたいなわだかまりだったりします。

 

 

 

全然ホイホイできてないじゃん!

 

 

それでもホイホイを自称するというのか・・・!!

 

 

自称メンヘラホイホイ男の対処法

 

彼らこんな調子でうっとうしい存在ですが、安心してください。

 

無害な生き物です。

 

彼らの行動原理が自己愛であり、彼らは他人からどう思われているのか非常に気にしているので自分の身を危険にさらすようなことがありません。ある意味ものわかりの良い人たちです。相手にされていないことが確定すると、さも自分から興味を失ったかのようにすごい速さで手を引きます。

その点、ぱぷりこさんの分類のメンヘラ製造機男はとても危険ね!関わらないのが吉。

 

私はこのような自称メンヘラ男のホイホイ自慢話に付き合わされることが多いですが(それってどうよ)、「その話は遠慮する」というと割とあっさり引き下がっていきます。そして、今ハマってる女の子について異性として相手にされていない事実を言っても本人もうっすら気づいてるので特に逆上されることもありません。

 

ただ、良くわからないのが話の終盤で唐突に

 

「お互い○○歳になっても相手いなかったら結婚しよ」

 

って謎のプロポーズ練習タイムが始まることですね。ここも適当にあしらっとけば大丈夫。どこまでも自分が受け入れられているという安心感が欲しいだけの言動なので。

 

 まとめ

 

以上、私のまわりの自称メンヘラホイホイ男について書いてみました。

 

自称メンヘラホイホイ男についてこき下ろす形になってしまいましたが、ホイホイ男に言いたいことは、

 

「つまらない自慢で得られるものはないもない」

「歪んだ方法で相手の気を引こうとしても無駄」

 

ということなのです。結局のとこ一番損をするのは自分なんですよね。見てらんねぇ~よ!!

 

 拙い文章でしたがここまで長々お付き合いくださり有難うございます!普段誰かに言うことでもなく溜めてたことだったので今回記事で供養できて良かったです。

 

ではでは!